浴衣で花魁風(自装)

昨夜、自装してみました(写真アップは不可能です)

腰紐までは普通。
上半身はお好みで襟を開け、前を合わせていきますが不安定。
前を引っ張れば衣紋が詰まってくる。
とにかくざっと合わせて胸紐をしっかり結びます(コーリンベルトじゃないほうがいいかも)
結んでから、衣紋の抜きや前合わせを微調整。
背中のしわをしごいて脇に。
後ろをしっかり固定したら、前の襟もしっかり引いて締めましょう。
とにかくここまでで上半身にたるみが無いようにしておきます。

衣紋をたくさん抜くと、前のおはしょりは短くなり、後ろのおはしょりは当然長くなります。
花魁さんは、後ろ姿をスッキリさせるので、後ろの垂れさがったおはしょりは、持ち上げて綺麗にして伊達締めを締めます(伊達締めのあとにも綺麗か確かめましょう)

但し、自分の手で作業するので肩も動きますからこの時点で襟は多少グラグラしています。

ウエスト周りにタオル補整がされていれば、帯板はなくてもいいかなぁ(本でも使ってなかったし)
帯は前で結べるからカッコよく。
もう一度、後ろのおはしょりが綺麗か確認してね。

さぁここから・・・襟が不安定なら、両手で袖口をつまんで、襟がフィットする位置まで引っ張ります。
肩から腕辺りに固定できれば安定します。
でも・・・ここからは両手を上げないように、おとなしくしておきます。

まぁ、浴衣・着物全般、\(^o^)/はしませんからね。
花魁さんは帯の下に両手を入れていますから。

興味のある方は一度お試しあれ029.gif

タオル補整をしない時、帯板を使うなら前?後ろ?・・・ご存知の方いらっしゃったら教えて頂けませんか。

最後までご覧頂きありがとございました。
応援ポチッと↓よろしくお願い致します040.gif
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
[PR]
by koukei0404 | 2011-06-30 09:28 | プライベート | Comments(0)

三田市富士が丘で個人の着付け教室をしております。「習う人が習いやすいように!」をコンセプトに、可能な限り、習う方のライフスタイルやご要望に沿いたいと考えております!


by こうけい