喉元過ぎれば熱さを忘れ

a0148061_1747082.jpg
いつもそうなんです・・・。
練習会の反省をしたと思えば・・・少し空き・・・。

胸やウエスト補整を変えながら・・・いつも一定ではありません・・・私の補整はタオル主体+コットン。
美容師さんのように丁寧な事はできません・・・知らないし時間かかるし。
だからヒップはいつも悩みます。

26日に向けて帯結びを考えようと、本とにらめっこ。
少し落ちついた感じにしたかったのですが、ヒダを作らず結べるのがあったので一応チャレンジ。

a0148061_17472512.jpg
この帯は少し短めなので、バランスが悪くなりました。
枕を入れる場所を確保したので。
そして、枕は結び目の下で固定してみました。
これ以上羽根を押し上げられません。
意外と羽根たちは安定していました。
やはりこういう時に臨機応変なのでしょうか。
1.手先下結び
2.垂れ元・・・追いヒダで左羽根
3.手先・・・屏風ヒダ・・・左から右方向に差し込む
4.垂れ先・・・屏風ヒダ・・・右から左方向に差し込む(手先の向こうに)
5.このヒダの続きを紐ですくい、文庫のように垂らす(左とのバランスを見ながら)
6.残りの輪に枕

私には、行程を書いてあるのがわかりやすいですね037.gif

最後までご覧頂きありがとございました。
応援ポチッと↓よろしくお願い致します040.gif
にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
[PR]
Commented by KOO at 2011-06-09 18:15 x
私も補正はいつもタオルが主体ですよ!同じです。
振袖や花嫁のお着付けにはやっぱりコットンも欠かせないですが、コットンが無いと補正できない訳じゃないですよね。
繰り返し使用可能でどなたでもお持ちの資源を使う事もとっても大時だと私は思っています。
そのお客様がもし自装をしたいと思って下さった時にも即応用していただけるのも良いと思っています。
私は着付けを日常的なものにしたいと考えているから。
それぞれの考え方ややり方があって良いと思います☆

帯結び、風車みたいで素敵ですね!
Commented by koukei0404 at 2011-06-09 20:47
KOOさん、心強いお言葉ありがとうございます。
一人での着せ付けは時間がかかりますから、補整もパパッとタオルで、でも不足はコットンで丁寧に!
体型の見極めって大切ですが、最近やっと、じっと見れるようになりました。
ここを適当にすると出来上がりが大変なことになるんですよね。
プロの着付け師さんの仕上がりの綺麗さを目に焼きつけながら、少しでも近づけるように、自分なりに努力したいと思っています。
帯結び、ちょっと追記しておきますね。
by koukei0404 | 2011-06-09 17:54 | プライベート | Comments(2)

三田市富士が丘で個人の着付け教室をしております。「習う人が習いやすいように!」をコンセプトに、可能な限り、習う方のライフスタイルやご要望に沿いたいと考えております!


by こうけい